佐賀大学 理工学部・工学系研究科

  • 佐賀大学HOME
  • 理工学部HOME
  • 工学系研究科HOME
  • English

メッセージ

研究科長メッセージ


研究科長 渡 孝則

私たちを取り巻く環境(経済、産業構造、情報システムなど)は,世界的規模で大きく変化しつつあります。このような変化にも柔軟に対応できる複眼的視点をもつ学生の育成を心がけています。また、地域産業に密着した研究にも取り組み、地域から望まれる大学院工学系研究科および理工学部となるように教職員一丸となって取り組みますので、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

理工学部および工学系研究科では,地域に根を張り世界に通じる高度人材育成を行っています。本年度の方針を次に示します。

  1. 教育
     現在,教育組織の見直しを進めています。学生からは“行きたい”と思える、企業からは“採用したい”と思える、教育を目指しています。
  2. 研究
     未来へ展開が期待できる研究分野は,異分野融合領域にあります。そこで,本部局では組織内でのグループ研究にインセンティブを付け,推進を図ります。産学連携による研究ではターゲットを絞った研究を推進します。
  3. 学生の活性化
     学生のやる気スイッチを押すために、STEPs(国際連携活動グループ)の活動の補助、新グループの立ち上げ(後日発表します)を行います。
  4. 国際化
     これまでの“人”対“人”では無く,“グループ”対“グループ”の活動を行います。これにより継続的な国際関係が構築できます。
  5. 地域連携
     地域企業との連携を推進するための企画を実施します。

同窓生の皆様へ

 拝啓 昼の暑さは続きていますが、朝晩の爽やかさに初秋を感じる候となりました。後援会および同窓会の皆様におかれましては元気に過ごされていることと存じます。
 8月は前学期の期末試験が終わり学生諸君は夏休みに入り、寂しいですが静かな校内となっています。8月10日(木)にはオープンキャンパスが実施され、大学全体で6,500人(昨年度;6,480人)、理工学部で1,211人(昨年度1,237人)の高校生およびご両親が参加してくれました。全体行事として、理工学部・学科・コース紹介、学生による学生生活紹介が、各学科行事としては、模擬講義、最前線の研究紹介、研究室見学、などが行われました。参加者も楽しく大学体験でき、佐賀大学理工学部の魅力が伝わったと思っています。8月25日(金)には理工学部後援会が行われました。新会長のもと学生の教育と勉学支援を確認し、貴重なご意見も頂き後援会活動の透明化が必要と思いました。
 平成31年度改組を目指した申請書類の作成・検討も着々と進んでいます。“学生の活性化事業”では、9月末にグローバル活動グループ(STEPs)がインドネシアの協定校を訪問し、学生との交流を行うことが決まり、英会話特訓にも熱が入ってきました。また、佐賀藩サイエンスグループは“肥前さが幕末維新記念事業”と連携することが決まりました。このような特色ある活動をさらに展開したいと考えています。
 キャンパスのセミの声も静かになってきましたが、新建物の改修工事やかささぎホールの改修工事などが行われ、時代の変化に対応する佐賀大学を肌で感じています。工学系研究科・理工学部もIoTやAIなどを教育に取り入れ、次の時代を担う若者を世に送り出すべく努力いたします。
 寒暖の差が大きくなっていますが、皆様には体調に十分注意され、元気に活躍されることを祈念しております。

敬具

理工学部長・工学系研究科長
渡 孝則

教育目的

理学及び工学の領域並びに理学及び工学の融合領域を含む関連の学問領域において、創造性豊かな優れた研究・開発能力を持つ研究者・技術者等、高度な専門的知識・能力を持つ職業人又は知識基盤社会を支える深い専門的知識・能力と幅広い視野を持つ多様な人材を養成し、もって人類の福祉、文化の進展に寄与することを目的とする。

研究科の前期2年の課程(博士前期課程)の各専攻の目的は、次に掲げるとおりとする。

  • 数理科学専攻 数学及び数理科学の領域において、知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材を養成すること。
  • 物理科学専攻 物理学及び物理科学の領域において、知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養のある人材を養成すること。
  • 知能情報システム学専攻 情報科学及び情報工学の学問領域における深い専門知識・能力、及び幅広い視野をもって知識基盤社会を支える人材を養成すること。
  • 循環物質化学専攻 化学の領域において、循環型社会を実現するための確かな知識と実践力を持つ高度な専門技術者等を養成すること。
  • 機械システム工学専攻 機械工学及びその関連の領域において、高度な専門的知識・能力を持つ職業人を養成すること。
  • 電気電子工学専攻 電気工学及び電子工学の領域において、高度な専門的知識・能力を持つ職業人を養成すること。
  • 都市工学専攻 都市工学の領域において、高度な専門的知識・能力を持つ職業人を養成すること。
  • 先端融合工学専攻 医工学又は機能材料工学の領域において、確かな知識と実践力を持つ高度な専門技術者等を養成すること。

研究科の(博士後期課程)の専攻の目的は、次に掲げるとおりとする。

  • システム創成科学専攻 電子情報システム学、生産物質科学、社会循環システム学又は先端融合工学の豊かな学識と高度な専門知識を持ち、学際的立場から自立した研究活動が遂行できる研究者・技術者を養成すること。

学位授与の方針 教育課程編成・実施の方針

Page Top