佐賀大学 理工学部・工学系研究科

  • 佐賀大学HOME
  • 理工学部HOME
  • 工学系研究科HOME
  • English

メッセージ

学部長メッセージ


理工学部長 渡 孝則

大学院工学系研究科・先端融合工学専攻 教授 渡 孝則 です。平成29年4月1日付で,大学院工学系研究科長・理工学部長を拝命しました。

工学系研究科では,理工学分野において地域から世界へと展開できる人材の育成および研究を行っています。私たちを取り巻く環境(経済、産業構造、情報システムなど)は,世界的規模で大きく変化しつつあります。このような変化にも柔軟に対応できる複眼的視点をもつ学生の育成を心がけています。また、地域産業に密着した研究にも取り組み、地域から望まれる大学院工学系研究科および理工学部となるように教職員一丸となって取り組みますので、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


教育目的

幅広い教養と科学・技術の専門的な素養を持ち、社会の広い分野で活躍できる人材を育成することを目的とする。

各学科の目的は、次に掲げるとおりとする。

  • 数理科学科数学及び数理科学の領域において、広く社会で活躍できる高度な専門的知識・能力を持つ教育者、技術者、研究者となる人材を育成すること。
  • 物理科学科広範な自然現象を理解する試みを通して、現代の科学技術を支える学力と、柔軟性に富んだ豊かな発想力を培い、広い分野で活躍できる人材を育成すること。
  • 機能物質化学科化学を通して継続的に社会に貢献することのできる人材を育成すること。
  • 機械システム工学科機械工学及びその関連の領域において、専門的な基礎知識及びその応用力並びにものづくりの素養を身に付けた技術者となる人材を育成すること。
  • 電気電子工学科電気工学及び電子工学の領域における専門的知識・能力を持ち、社会で活躍できる人材を育成すること。
  • 都市工学科都市工学の領域において、専門的知識・能力を持つ職業人となる人材を育成すること。

学位授与の方針 教育課程編成・実施の方針

Page Top