受験生の方へ

理工学部の特色

理工学部の特色

理工学部は、設置時から理学と工学の融合をテーマとしてきました。地球上の生き物や環境と共生し、新たな希望に満ちた未来を創造していくには、双方の領域で自在に思考できる「知」が必要不可欠です。理学で原理を学び、工学で応用を学び、「知」のハーモニーの中から次の世界を生み出す「人」が育ちます。
本学部は、12コースにおいて21世紀の高度科学技術時代に活躍できる人材の育成と、知的創造を目指して教育研究を行っています。理学と工学が同一学部にあるという特色を最大限に発揮し、科学と技術の融合による基礎科学とハイテクノロジーの推進を旗印に、ユニークな教育と研究に意欲的に取り組んでおり、まさに時代の要請に応えることのできる体制と言えるでしょう。

理工学部の特徴

本学部独自の教育プログラム

 学生に自律的に学ぶ姿勢,原理・原則を理解する力,アイデア創出能力,問題発見能力,課題設定能力,構想力,モデル化能力,課題解決・遂行能力を身に付けさせ,産業構造の変化に柔軟に適応できる幅広い教養と理工学基礎力を土台として,複眼的視点・俯瞰的視野から社会の広い分野で活躍できる科学・技術の専門的素養を持つ人材を養成するために,1学科12コースによる教育プログラムを提供しています。

段階的レイトスペシャライゼーションによる展開力・理工学基礎力の強化

 学部共通基礎科目や学部共通専門科目を配置し、段階的に専門分野を絞っていく仕組みにより、数学、物理、化学、生物といった基礎学問や情報セキュリティや知財、研究者倫理・技術者倫理といった理工学基礎力を身に付けさせ、展開力・理工学基礎力を強化し、広範な分野と理工学の融合を実現できる能力を養います。これにより、将来の産業構造の変化にも柔軟に対応できる能力を修得させます。
 具体的には、1年次後期から3つの「コース類」に配属し、2年次前期から12の「コース」に配属する「段階的レイトスペシャライゼーション」により、大学入学後に幅広い分野の大学教育に触れながら自らの適性や関心などに基づき将来を意識したコースの選択ができる仕組みをとっています。なお、推薦入試、AO入試など特別入試により入学する場合は、入学願書提出時に所属する分野を選択できます。

情報・データサイエンス関連教育の強化

 情報・データサイエンス関連科目を配置し、情報科学技術教育を強化します。さらに、分野別情報教育により分野や個人の能力に応じた情報関連スキルの向上を図ります。これにより、第4の科学と呼ばれるデータサイエンスに基づいた考え方を身に付けさせ、ビッグデータ時代の研究者・技術者としての能力を修得させます。

理工学科の専門分野およびコース

理工学科の専門分野およびコース



理工学科各コースの特色はこちらから。