概 要

佐賀大学 理工学部の概要について

概要

佐賀大学理工学分野沿革

昭和24年5月 佐賀大学が2学部(文理学部、教育学部)で発足
昭和41年4月 文理学部を改組し、理工学部5学科(数学科、物理学科、化学科、機械工学科、電気工学科)設置
昭和44年4月 理工学部工業化学科設置
昭和45年2月 電子計算機室設置
昭和45年4月 理工学部土木工学科設置
昭和47年4月 理工学部生産機械工学科設置
昭和48年4月 理工学部電子工学科設置
昭和50年4月 大学院工学研究科(修士課程)設置
昭和51年4月 理学専攻科設置
昭和52年4月 大学院工学研究科生産機械工学専攻、電子工学専攻設置
昭和55年2月 海洋温度差発電実験施設設置
昭和56年8月 電子計算機室を電子計算機センターに名称変更
昭和57年3月 理工学部建設工学科設置
理工学部附属海洋熱エネルギー変換実験施設設置(旧海洋温度差発電実験施設)
昭和58年4月 大学院工学研究科を大学院理工学研究科(修士課程)に名称変更し、数学専攻、物理学専攻、化学専攻を設置
昭和61年4月 大学院理工学研究科建設工学専攻設置
昭和63年4月 理工学部情報科学科設置
昭和63年12月 情報処理センター設置(電子計算機センター廃止)
平成3年4月 大学院理工学研究科を改組し、大学院工学系研究科(博士課程)設置
低平地防災研究センター設置
平成4年4月 大学院工学系研究科情報科学専攻設置
理工学部附属海洋温度差エネルギー実験施設設置(理工学部附属海洋熱エネルギー変換実験施設廃止)
平成9年4月 理工学部全学科(数学科、物理学科、化学科、情報科学科、機械工学科、生産機械工学科、電気工学科、電子工学科、工業化学科、土木工学科、建設工学科)を改組し、数理科学科、物理科学科、知能情報システム学科、機能物質化学科、機械システム工学科、電気電子工学科、都市工学科設置
平成10年4月 大学院工学系研究科生体機能システム制御工学専攻設置
平成12年4月 学術情報処理センター設置(情報処理センター廃止)
平成13年4月 低平地研究センター設置(低平地防災研究センター廃止)
大学院工学系研究科博士前期課程11専攻(数学専攻、物理学専攻、化学専攻、情報科学専攻、機械工学専攻、生産機械工学専攻、電気工学専攻、電子工学専攻、工業化学専攻、土木工学専攻、建設工学専攻)を改組し、8専攻(機能物質化学専攻、物理科学専攻、機械システム工学専攻、電気電子工学専攻、知能情報システム学専攻、数理科学専攻、都市工学専攻、循環物質工学専攻)設置
平成14年4月 海洋エネルギー研究センター設置(理工学部附属海洋温度差エネルギー実験施設廃止)
平成15年10月 佐賀大学・佐賀医科大学統合、新「佐賀大学」設置
総合分析実験センター設置
平成16年4月 国立大学法人佐賀大学設置
平成17年4月 海洋エネルギー研究センターが全国共同利用施設となる
平成18年2月 総合情報基盤センター設置(学術情報処理センター廃止)
平成22年4月 工学系研究科博士前期課程3専攻(機能物質化学専攻、循環物質工学専攻、生体機能システム制御工学専攻)を改組し、2専攻(循環物質化学専攻、先端融合工学専攻)設置
工学系研究科博士後期課程3専攻(エネルギー物質科学専攻、システム生産科学専攻、生体機能システム制御工学専攻)を改組し、1専攻(システム創成科学専攻)設置
海洋エネルギー研究センターが共同利用・共同研究拠点となる
低平地研究センター及び有明海総合研究プロジェクトを再編し、低平地沿岸海域研究センター設置
平成31年4月 理工学部7学科(数理科学科、物理科学科、知能情報システム学科、機能物質化学科、機械システム工学科、電気電子工学科、都市工学科)を改組し、1学科(理工学科)設置
工学系研究科博士前期課程8専攻(物理科学専攻、機械システム工学専攻、電気電子工学専攻、知能情報システム学専攻、数理科学専攻、都市工学専攻、循環物質化学専攻、先端融合工学専攻)を改組し、理工学研究科(修士課程)1専攻(理工学専攻)設置