概 要

佐賀大学 理工学部の概要について

概要

学部長メッセージ

2019年10月より理工学部長を務めることになりました、豊田でございます。
佐賀大学理工学部は、ステークホルダーの皆様から頼りにされる存在になることを基本理念として活動を行っています。

理工学部長/豊田 一彦
理工学部長
豊田 一彦

高校生・受験生の皆様へ

佐賀大学理工学部は、本年4月にこれまでの7学科を理工学科1学科12コースに再編するとともに、特別入試(推薦入試、AO入試)による選抜枠を大きく広げました。今回の組織再編の基本的な考え方は、産業構造や生活環境のグローバル化、科学技術の細分化・複合化・短命化およびAIや情報関連技術の急速な進展に代表されるような社会構造の大きな変化が起こっている現代社会と未来において、その変化に柔軟に対応できる幅広い教養と理工学基礎力を土台として、複眼的視点・俯瞰的視野から社会の広い分野で活躍できる理工学の基盤的分野を中心とした科学・技術の専門的素養をもつ人材を養成しようとするものです。

これを実現するために、図に示したように、新1年生は、まず前学期に数学や理科などの理工学の基礎となる科目について全員同じ科目を受講します。分野の好き嫌いによる得手・不得手をなくすために、個人個人のレベルに合わせた教育を行い、苦手科目の克服を図ります。また、第4の科学ともいわれるデータサイエンスについて学び、これからのデータ活用社会に対応できる能力を身につけます。後学期では数学・化学・物理学の3つのコース類に分かれ、2年次の専門コース配属に向けて、大学の授業を受ける中で自分の将来を考えながら、本当に得意な分野・学びたい分野を決めてもらいます。2年次では12の専門コースに分かれ、専門分野の基礎および研究手法を学びます。4年次には大学における学修の総まとめとして卒業研究を行い、卒業後、就職または大学院へと進みます。佐賀大学で皆さんの夢を見つけてください。

大学院は、これまでの工学系研究科博士前期課程8専攻を再編し、大学院理工学研究科理工学専攻(1専攻10コース)としました。1専攻にすることで専門分野の枠を越えた連携を行い、高度な知識・技術を身につけて社会で活躍できる人材を養成します。

理工学科の専門分野およびコース

理工学科の専門分野およびコース

在学生・保護者の皆様へ

2年次以上の学生には、入学時にお約束したカリキュラムでこれまで通りの教育研究を行います。お陰様で、卒業生の就職状況も非常に好調であり、就職先の企業からは佐賀大学生は非常に素直で優秀であるとの評判を頂いております。在学生の皆さんは、社会の要望に応えられるよう、日々の努力を怠らずしっかりと成長して佐賀大学を卒業してください。また、保護者の皆様におかれましては、大学を信頼していただき、今後ともご支援を賜れれば幸いです。

地域社会の皆様へ

佐賀大学理工学部は、地域の皆様からも頼りにされる存在でありたいと願っております。公開講座や授業開放などにより、地域の皆様のご要望にも応えていきたいと考えております。

産業界の皆様へ

佐賀大学理工学部は、数理、物理学、化学、情報、機械工学、電気電子工学、都市工学の理工学の広い分野をカバーする教育研究を実施しています。産業界の期待に応えられるような研究成果を生み出し、産業界と積極的に共同研究や受託研究を進めていきたいと考えております。また、人工知能などが登場する世の中になりましたが、やはり「人」がこれからも日本を背負っていくことになりますので、今後とも産業界で活躍できる科学者・技術者を養成してまいります。